人気沸騰中の宮古島でリゾートバイトをしよう! | リゾートバイトのことならJobResortへ

人気沸騰中の宮古島でリゾートバイトをしよう!

リゾートバイト全般

宮古島は国内外から押し寄せる多くの観光客で賑わっています。
かつての穏やかな南国リゾートのイメージが様変わりし、リゾートホテルなどが建設ラッシュを迎えています。

そんな宮古島でリゾートバイトしてみませんか。

宮古島の特徴

宮古島は、かつては地元の方とわずかな観光客しかおらず、芸能人が癒しのスポットとしてお忍びで通うなど、静かなリゾート地でした。

ですが、近年状況が様変わりしています。
SNSなどでの情報発信もあり、世界にその魅力が伝わり、国内外から観光客が押し寄せているのです。

中国人観光客が空港から大型バスをチャーターして訪れることや船でやってくるほか、世界各国から多くの人が訪れます。
その影響で、宮古島の観光の足となるレンタカーが不足しているほか、ホテルの宿泊料も高騰し、日本人が気軽に泊まれない状況にもなっているのです。
レンタカー争奪戦が起きて、観光スポットに行くにも苦労するなど、ややオーバーツーリズム気味のところがあります。

宮古島は自然が美しく、ゆったりと時間が流れる場所として、近年若い移住者なども増えてはいますが、離島なので人口は多くありません。
そのため、押し寄せる観光客に対応するための労働力も不足している状況です。
ようやくホテルが完成しても、対応してくれるスタッフがいなくては始まらないので、短期のリゾートバイトだけでなく、長期で働いてくれる方を募集しているケースが増えています。

住む場所は確保される

宮古島で働いてみたいと思っても、本州にお住まいの方の場合、同じ本州ならまだしも、離島に行って住む場所はどうなるのだろうと不安になるかもしれません。
もちろん、多くのリゾートバイトが住む場所も用意してくれています。

よくあるケースは、仕事をするホテルとは別の場所に完備された寮です。
寮といっても相部屋ではなく、個室で設備などもしっかり整ったお部屋となっています。
そのため、暑い夏も快適に過ごせるでしょう。

食事も無料で2食付いてくることや低額でホテル内の食堂を利用できるなど、余計な費用負担をかけずに働ける環境が整っているケースが少なくありません。

往復の交通費も支給

宮古島で働く際の住む場所や食事が確保できるといっても、やはり気になるのは宮古島までの交通費ではないでしょうか。

どこにお住まいかにもよりますが、鉄道やバスに加えて飛行機を利用しないといけないので、本州のリゾートバイトに行く場合に比べても交通費は高めです。
この点、契約期間満了時の往復交通費は上限がありながらも支給されるケースが多く見られます。
そのため、働きに行く時と帰る時の交通費はカバーされるケースが多いので、自己負担をせずに働くことができるでしょう。

宮古島空港に着いたら、リゾートバイト先のホテルで無料の送迎バスで職場まで向かえるケースも多いです。
宮古島が初めてでも、迷わず行き着くことができるので安心できます。
宮古島ではレンタカー不足も問題になっているので、送迎バスがあるとスムーズに移動できるでしょう。

休日は宮古島で遊べる

リゾートバイトは職種などにもよりますが、シフト勤務が基本で、もちろん休日もあります。
休日は自由に過ごすことができるので、宮古島の観光やグルメを楽しんだり、地元の方と交流したり、マリンアクティビティなどを堪能できるでしょう。

宮古島に観光客として行くと、ホテルの予約がなかなか取れない場合や取れてもかなりの高額な料金になるのが今の状況です。
観光客が押し寄せ、ホテルが足りないのでホテルの客室料金は高騰する一方です。

そうした状況で、無料や低額で個室寮に暮らしながら、働いてバイト代がもらえ、お休みの日には自由に観光もできるのですから、メリットが豊富なリゾートバイトと言えるのではないでしょうか。
宮古島が好きな方、宮古島にいつか移住したいと考えている方にもおすすめです。

語学を活かせる

宮古島には、英語をはじめ、中国語や韓国語、ベトナム語などさまざまな言語圏から多くの観光客がやってきます。
語学が堪能な方なら、ホテルのフロントやレストランやカフェのホールスタッフ、売店のスタッフなどで活躍できるでしょう。

語学力を活かしてグローバルにおもてなしをしたい方にも、宮古島のリゾートバイトはおすすめです。

まとめ

宮古島はひと昔前は静かな南国リゾートでしたが、SNSなどで紹介されるなどして魅力が伝わったこともあり、国内外から多くの観光客が殺到しています。
リゾートホテルなども建設ラッシュとなっており、多くの観光客に対応するための人出にも困っている状況です。

宮古島で働きたいと思っても南端の離島なので、宮古島までの交通費や現地での住居に不安があるかもしれません。
多くのリゾートバイトは、上限はあるものの往復の交通費が支給され、滞在中は無料の個室寮なども完備されるので安心しましょう。
ホテル代が高くて気軽に宿泊できなくなった宮古島で、住む場所を確保しながら、お休みの日には宮古島観光も楽しめます。

ジョブリゾートコラム

当サイト運営者とリゾートバイト体験者が執筆している、「リゾートバイト探しをお手伝いする」 ウエブマガジンです。

ライン友だち追加 会員登録
   

リゾートバイトについてご不明な点などございましたらお気軽にお問い合わせください。